top of page
  • 執筆者の写真misonopia aichi

スタッフによるディナーショー「ナイトクラブミソノ」

4月29日 昭和の日に合わせて、ディナーイベント「ナイトクラブミソノ 春!青春のグラフィティ」が開催されました!



"夜に楽しむミソノピア"として始まったナイトクラブミソノ。


お食事、お飲み物を召し上がられながら、オリジナルの公演をお楽しみいただけます。


リハーサルの様子はこちら↓

https://www.misonopia.com/post/20230427_01


昭和の日にちなんだ今回のテーマは、「春!青春のグラフィティ」

昭和の青春時代を題材にして、スタッフによる汗と情熱が溢れた演劇、歌、パフォーマンスをお贈りいたしました!

2階大食堂が、ディナー会場&ステージに!



19時15分、大食堂にしっとりとしたギターの音がなり始めました。

演奏はお馴染み、ミソノピアの音楽療法を担当される山下先生。

今日は大学生を意識した、ラフな格好です。


続いて、優美なピアノの音色が響きます。

ピアノを弾くのはデイスタッフ。ピアノを子どもの頃から弾いてきた、ベテランです。


そして...


オープニングの司会は、セーラー服を着たデイスタッフから。

客席からは、「どこのお孫さんが来たかと思ったわ」との声が笑

「今回のナイトクラブミソノのテーマは、汗と涙、そして青春です。青春のあの頃を感じていただけますよう、スタッフ一同練習を重ねて参りましたので、どうぞお楽しみください」


ゲームスタートの笛がなり、山下先生と副施設長のラグビーのパス練習が始まります。

ご入居者様も、「え!何?」とびっくり。展開が予想できないのも面白さの一つですね。



その後、本日の演者が入場。割烹着、剣道着、制服、空手着...と色々な服装のスタッフたちが現れます。このバリエーションに富んだ衣装は、学校の部活を思い出しますね!



武道の一番手は、食堂スタッフ、リハビリスタッフによる空手の演武!


なんと実際に、瓦と、バットを割ってしまいました!

彼は10年近く空手をやっている有段者です。本物の空手家の突きと蹴りが見れましたね。


続いて、副施設長とリハビリスタッフとの剣道の演武。黒い剣道着のリハスタッフは有段者で、練習期間中は副施設長と一緒に指導、練習をしていました。

竹刀を振る時の足音が凄まじく、ご入居者様もその迫力に驚かれていました。


食事と笑いと、音楽と。


スタッフによる昔懐かしの歌唱の披露が続きます。


デイスタッフによる、森昌子さんに扮しての「せんせい」


その後は...

手ぬぐいを振り回しながら、施設長が登場です!


しっかり日焼けしているからか、学生服も似合いますね。

かまやつひろしさんの、「我が良き友よ」を、施工工事でお世話になっております、株式会社ニューライフの池田社長と熱唱しました!


「我が良き友よ」の歌詞は、今の時代には似つかない、THE・昭和の一曲です。

令和の現代には受け入れられそうにないこの曲ですが、実直さと、直向きさだけで

走り抜けたあの学生気分を、思い出せる名曲だと思います。





楽しい時間はあっという間。

最後は海援隊の、「贈る言葉」を全員で熱唱。

昭和末期の歌ですが、ご入居者様も耳馴染みのある歌なので、口ずさんでる方も

多くいらっしゃいました。


最後は皆さんを全員でお見送り。

「良かったよ!面白かった!」

「その格好、可愛いわ!」

とあたたかいお言葉をたくさんいただきました。



ミソノピアスタッフ19名、関係業者4名によるステージは、大成功に終わりました。


ご入居者様と世間話をしている中で、昭和のあの頃を懐かしまれる方はとても多いです。

時代がどんどん変化していく中で、昭和を感じられる場面は少なくなっています。

一晩だけでも、ご来場のご入居者様に昭和の、あの良き青い日を思い出していただけたら、

感じていただけたら...


そんな想いで冬から、準備と、練習に励みました。

終了後、たくさんのご入居者様から「良かったよ。楽しかった」「元気をもらえた」

とお声をいただけて、私たちもエネルギーをいただきました。



ミソノピアでは、今後もご入居者様が楽しみ、元気になれるようなイベント、催し物を

企画、開催いたします!


ご来場の皆様、ありがとうございました。

閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page