top of page
  • 執筆者の写真misonopia aichi

朗読アクティビティで浮かぶ、春の景色

まだまだ寒さは残りますが、確かな春の気配を感じられるようになりましたね。

ミソノピアの桜も、蕾を膨らませ始めました🌸

ミソノピア庭園に植えられている桜。満開が楽しみですね。


3月27日 本日は、1階105号室にて歌と朗読アクティビティが開催されました!

講師を務めていただく先生は、ミソノピアではお馴染み&ファンの多い宮崎昌代(みやざきまさよ)先生。

朗読アクティビティは、名作の詩や歌を皆さんで朗読して、詩の情景に思いを馳せたり、リズムを楽しんで心も体もほっこりと温めることができる...そんな穏やかなイベントです。


宮崎先生は、7年以上前からミュージックケアインストラクターとして活動されており、子どもの頃からピアノと歌に触れ合ってきたそうです。あるライブ演奏をきっかけに、音楽療法士の勉強を始め、現在、多くの方を癒していらっしゃいます。


本日も105号室は満員御礼!楽しみにされている方がとっても多い催しの一つです。


宮崎先生のアクティビティは、朗読と歌をバランス良く組み合わせ、季節感を感じられるような詩や歌を楽しめます。

本日の楽曲は、

さくら さくら

早春賦

どこかで春が

など... 春らしい楽曲が揃い、

そして、土筆(つくし)にちなんだ詩の朗読を楽しみました。


皆さんは今年、土筆をご覧になられましたか?

宮崎先生は先日、河川敷を歩いていらっしゃる時に土筆を見つけたそうです。


「かさが開いてしまっていて、食べ頃ではなかったかもしれません」と笑う先生。

先生の優しく穏やかな語りは、情景を思い浮かばせ、その美しさを感じることができます。

「土筆って売っているのかな?と思ってインターネットで調べたところ、1kg2980円で売っていました。これを見て採ってこようかなと思っちゃいました笑」

とユーモアも堪能な宮崎先生。


ゆったり心地良く、朗読を楽しんだ後は、テンポよく、愉快な歌を歌いました。

現在放送中のNHK連続テレビ小説「ブギウギ」 にちなんで、東京ブギウギ。

誰もが知っているこの曲で、大変盛り上がりました!

東京ブギウギの"スイング"を感じ、手を叩くご入居者さま


1時間の朗読アクティビティ終了後、「今日も楽しかったです」「よかったね」とお喜びの声が聞こえました。嬉しいですね!


宮崎先生が朗読アクティビティの時に大切にされているのは、"共感"と、"一体感"

ご入居者さまが「ああ、昔私もそんなことあったな」「私もそれ、最近経験した!」

と思ってもらえるように講座を作っていらっしゃいます。


家族で作っているお米や田んぼのお話や、

散歩をしている中で気づいた小さな変化など、

多くの人が共感できる身近な楽しみや喜びを共有し、全員で共感することを大切にされています。


アクティビティ終了後、筆者もなんだか気持ちがあたたかくなりました。


詩の朗読や、歌だけでなく、先生のあたたかく穏やかなお人柄もにも癒されます。

是非、朗読アクティビティに参加されたことがないご入居者さまは、開催日をご確認の上、お気軽にお越しくださいね。


お越しいただいたご入居者さま、宮崎先生、ありがとうございました。


閲覧数:62回0件のコメント

Comments


bottom of page