top of page
  • 執筆者の写真misonopia aichi

「今」を大切に今できることを“今やる”という気持ち

ご入居者様 ご家族様  

ミソノピアの母体でもあり、自分が育った介護会社でもあり、人生の恩師が理事長でもある

社会福祉法人 伸こう福祉会 では、11月は“死者の月”であり、法人に関わられた方々のために祈る月と言われています。自分もこの時期になると教会に行き、お亡くなりになられた方々を思い出していました。


お亡くなりになられた方々から教えられたことは、「今」を大切に今できることを“今やる”という気持ちです。


伸こう福祉会の教えのなかに・・・

“利用者らしさを支える”ための方針『 杖のかわりに 』という合言葉があります。

『杖』とは

利用者によって「杖」を利用する理由は異なります。

・「足の代わりに」使う ・「姿勢を維持するために」使う ・「安全に移動するために使う

・「念のために」使う ・「おしゃれのために」使う

同様に、私たちの施設を利用してくださる理由は様々です。

・「介護が必要だから」使う ・「家族のために」使う ・「楽しみのために」使う

・「自立したいから」使う ・「つながりを求める」ので使う ・「もっと元気になりたいから」使う

・「いざというときが不安だから」使う 

私たちは「杖」のように、利用者の「使う理由」にあわせて自らが臨機応変にカタチを変えたサービスを提供する。

・「介護が必要だから(例:お風呂にはいるため)」使う方には、ゆっくりとした入浴の時間を

・「家族のために」使う方には、家族への情報提供をしっかりと

・「楽しみのために」使う方には、アクティビティの充実を

・「自立したいから」使う方には、何ができて、どんな支援が必要かの確認を

・「つながりを求める」方には参加できる機会の提供を

・「今よりも元気になりたい」方には、機能維持訓練を

・「いざというときが不安」な方には、頻繁な連絡、声掛けを

私たちは「杖のかわり」となり、お手伝いをさせていただいております。

そして・・・

自分の学びは、すべて“お客様”から学んできました。

サービスには正解があるようでないようなものかもしれません。

私たちは常に謙虚になり、その時々のお客様の表情や言葉から、“ふさわしいサービス”とはなにか?

を自問自答しております。


2023年10月運営懇談会ご意見箱(第439回)記載

~ 先日、当施設内で亡くなられた方の「お別れ会」がありました。当施設内で亡くなると毎月の懇談会で

「〇〇さんが亡くなられました」という報告がありますが、それだけでは何となく寂しいい気がします ~

というご意見がありました。

この回答として、懇談会資料の中での“訃報”の欄では、日付や居室番号、氏名だけではなく、その方との

心に残っている「おもいで」を一文、記載させていただきます。


2023年11月10日 廣井 健吉

閲覧数:97回1件のコメント

最新記事

すべて表示

1 Comment


諒 牧村
諒 牧村
Nov 10, 2023

心に沁みました。

Like
bottom of page