top of page
  • 執筆者の写真misonopia aichi

ロカビリービアガーデン〜ロックで熱い夏を〜

7月29日、ミソノピア3階ミソノピアパークにて、ロカビリービアガーデンが開催されました!2023年、真夏のミソノピア2大イベントの一つです!


ロカビリー(rockabilly)は、1950年代に誕生したポピュラー音楽の一ジャンル。ロッカビリー(Rock-A-Billy)とも呼ばれた。代表的なミュージシャンには、エルヴィス・プレスリーカール・パーキンスらがいた。

1950年〜70年代がコンセプトの本イベント。

当時、10代〜30代だった皆さんの青春を彩った名曲と共に、飲食を楽しんでいただきます。


まずは会場を紹介します。

ミソノピアパーク。ミソノピアの3階にある大型バルコニー。

数十人の人が集まることができる広い屋外スペースで、今回のビアガーデン他、様々な館内イベントの会場に使われています。

日当たりが良く、気持ち良い!ご入居者様のお散歩場所としても活用されています。


第1部は、主に介護フロアーの皆様。

17時、気温が少しずつ下がってきたタイミングで、皆様がご入場されます。


17時でもまだまだ熱いため、冷水で絞ったタオルや冷却タオルで熱中症対策。

17時15分、イベントスタート!

最初は女性スタッフのチーム、『はじける9人娘』による、Let'sダンシング!

ロコモーション、かわいいベイビー、ヴァケーションなど、昭和時代の女性らしいポップスをダンスと共に披露しました。

服装もロカビリーファッション!ビビッドな色のワンピースがかわいいですね♪


セカンドステージは、『ネイチャーズBIG』による、英語でオールディーズ!


"ネイチャーズ"の由来は、各メンバーの名前に、「自然」に関する漢字が入っていることから名付けられました。


ミソノピアで様々な音楽イベントを監修、指導、演出してくださる、音楽療法士コンサルタントの山下先生の他に、「田」や「森」がつく職員が参加しています。


意図的に集めたのではなく、偶然だそうです笑


ルイジアナ・ママ

ミスターロンリーなど、2曲とも、英語で歌唱演奏をしました!

会場のボルテージはマックスに!熱い!

最終ステージは"ネイチャーズ"による、本気のロカビリー!

音楽療法士のスタッフが装着したのは、なんとアコーディオン!

10kg以上の迫力のあるサイズです!

"本気のロカビリー"ということで、演奏していないメンバーも本気でダンシング!

ロカビリービアガーデン、第1部大盛況で終了しました!

さらに日が暮れて、18時...第2部がスタートです。

バックヤードでは、ドリンク作りと食事提供のために職員が大忙し。

おつまみセットと....

生ビール、ラムネ、コーラの他、ミソノピアオリジナル梅ジュース(https://www.misonopia.com/post/20230612_01) を提供しました!


1stステージは、『Shachou's &サメ』による、すごい男の唄。

ミソノピアの館内工事をしていただいている株式会社ニューライフの池田社長、廣井施設長、そして謎のサメと...?


実は『Shachou's』は、4月に行われたナイトクラブ・ミソノ〜青春のグラフィティ〜でも出演したお馴染みコンビです!https://www.misonopia.com/post/20230502

「いいよ〜!」と大きく歓声が上がりました。

浴衣を着ていらっしゃったご夫婦のお二人。風流ですねえ。


以降の第2部は、第1部の演目と同じですが...

ご入居者様も一緒に参加して、踊って歌っていただきました♪

社交ダンスを踊るご夫婦のご入居者様。

今夜が特別な思い出に残ると嬉しいですね。

大盛況に終わったロカビリービアガーデン!

コロナ禍で大規模なイベントができなかった数年。

ミソノピアの魅力の一つである、野外音楽イベントが開催できるようになったのは、本当に嬉しいことです。


来月末には、夏のさらなるビッグイベント「納涼祭」が開催されます!

続報を、お楽しみに!

閲覧数:100回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page