top of page
  • 執筆者の写真misonopia aichi

瀬戸合唱フェスティバル出場!合唱クラブ・ミソノ

9月3日(日)、瀬戸市文化センター/文化ホールで行われた瀬戸合唱フェスティバルに、ミソノピアの合唱団、合唱クラブ・ミソノが出演しました!

今回は当日の様子をレポートします!

午後1時、1階ロビーにて集合!緊張しながらも笑顔な皆さん。

「緊張してますけど、楽しみです」とお気持ちを教えてくださったご入居者様。しっかり練習をしてきたので、自信がおありのように見えます。

「頑張ってきてね!」とご入居者様一人一人にエールを送る介護スタッフ。

この日のために一丸となって、練習してきました。

貸切バスが出発!

今回の会場、瀬戸市文化ホールです。客席1500席の瀬戸市屈指の大ホールです。

なんと!正面エントランスに、合唱クラブ・ミソノの皆さんに向けてお祝いの花が届いていました!

左からミソノピアの親会社である『のぞみ株式会社』金尾徳太郎ジェネラルマネージャーより神奈川県から、同じグループの仲間である『社会福祉法人 伸こう福祉会』片山ます江理事長より、音楽アクティビティにてお世話になっております、『TMG/Piash 』山下一郎先生より2基。皆様、厚い応援、ありがとうございます!瀬戸市文化センター主催の方からも、「フェスティバルに彩りが出て、華やかになりました」とお礼を頂きました。

午後2時30分のステージまで待機所で待つ皆さん。

「緊張しますか?今まで頑張ってきたから大丈夫ですよ。楽しみましょう!」とスタッフ。

「そうね!」

少しずつ緊張とワクワクのボルテージが上がっているのを感じます....!


観客席では、入場を今か今かと待つメンバーのご家族様、応援に駆けつけられたご入居者様5名様と、神奈川からお越しいただいた伸こう福祉会の皆様、山下先生。

そしてスタッフ一同。いつも合唱クラブ・ミソノの活動を近くで見守ってきました。

2時30分。合唱クラブ・ミソノ入場!

今回の発表曲は3曲...

ブンガワンソロ

夢で逢いましょう



総勢26名での合唱。

長く練習した成果を今、発揮しました。

是非、公演の一部をお楽しみください♪↓

本当に、素晴らしい歌声でした。

声量もさることながら、ソプラノは美しく、アルトのハモリ、調和により豊かに響く合唱を披露されました。

終了後は、舞台隣のラウンジで出演者・応援の方々、神奈川からかけつけてくれた皆さま、山下先生、お手伝いスタッフ・・・全員で!集合写真を撮りました!

「はい!ミソノピア♪」パシャリ。


ミソノピアに帰った後は、皆さんでお疲れ会。

今回は、お世話になっております社会福祉法人 伸こう福祉会(https://www.shinkoufukushikai.com/ )の片山理事長と、ミソノピア施設長の廣井がお手伝いさせていただいております、『湘南台ホーム』の栗田施設長、そして職員の皆様が神奈川県から応援に駆けつけてくださりました。


「グラニー」「グランダ」「クロスハート」など、多数の施設を開設された片山理事長。著書

「理想の老人ホームって何だろう」では理想の老人ホームについて、幸せな介護のあり方についてまとめられています→https://amzn.asia/d/1SGligX


「皆さん本当に素晴らしいお声でした。皆さんの余裕があり、笑顔での歌声がすごく印象的でした。お疲れ様でした」

片山理事長、伸こう福祉会の皆様、お越しくださりありがとうございました!

演奏会を終えての感想を、一部の方からいただきました。

「大変でしたが、男なら始めたらやり通すぞ!と頑張りました。指揮の大橋先生に負けないように!笑 そんな気持ちでした!」

「一年前に合唱クラブに入りましたかね。苦しかったり、楽しかったり...

今日という日を迎えて、歌い切ることができて、ホッとしています」

「大変でした。でも、長く見れば必ず良い思い出になるはずです。こんな気持ちになるのも、合唱クラブ・ミソノにいればこそ。応援ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。」

皆さんそれぞれがそれぞれが胸に秘めた想いを、合唱として表現ができたのではないでしょうか。

メンバーの皆様も口々に、応援してくださった方々に感謝の気持ちを述べてみえました。

廣井施設長より、一言。

皆様のステージに上がられた姿、本当に格好良かったです。

今日までうんと練習してきたこと、厳しい練習の中頑張られたこと、その積み重ねがあったこと。ずっと見てきました。その練習の成果が発揮されましたね。皆さん、本当にお疲れ様でした」

最後に、合唱クラブ・ミソノ 指揮/指導の大橋邦夫先生よりコメントをいただきました。

「しばらくコロナにより公の舞台に出れなかった数年、こうやって舞台上で皆さんと合唱ができることが当たり前ではないということを感じます。

皆さんがああして、舞台上で合唱ができることが何より素晴らしいんです。それが、宝物なんです」


瀬戸合唱フェスティバルで、今日のメンバーで出場できること、そしてそれを応援に来てくださる皆さんと合唱を楽しむ機会は、もう二度とないのかもしれません。全てが一期一会。

本当に有難いですね。

合唱クラブ・ミソノの皆様、そして応援いただいた皆様のおかげで、また一つ、ミソノピアにかけがえのない歴史が刻まれました。


合唱クラブ・ミソノの皆様

大橋合唱団の皆様

公演を応援しにいらっしゃった皆様。

公演を支えたスタッフ


本当にありがとうございました!お疲れ様でした♪

閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

もみの木

Comments


bottom of page