top of page
  • 執筆者の写真misonopia aichi

綺麗な歩きは健康歩き!

本日はミソノピア1階にある運動ルームにて『バランスウォーキング』が開催されました!

先生は、ダンサーのタナカアリフミ先生。

美しい歩く、動くプロである先生から、正しく健康的な歩き方を習うことができます。


本日のテーマは、『歩幅を伸ばす』

歩幅を大きくすることで、太ももなどの足の筋肉が刺激され、体幹もまっすぐになり、健康寿命が伸びると言われています。


本日の参加者様は8名。

先生の教室がお気に入りで毎回参加されてる方もおられます。


まずは準備運動から。

関節が硬いと足を大きく出せませんもんね。


歩幅の測定をします。

自然な歩き方で10歩、まっすぐ歩きます。

歩行器無しで歩くのが不安な方も優しい田中先生がフォローし一緒に歩く練習をします。

気をつけて、自分のペースでいいですからね


それぞれの方の測定が完了したら、歩幅を大きくするための運動を行います。

大きく足を上げたり… 足を前後に振って股関節まわりの筋肉を柔らかくします。5分程度全身運動を行なった後は、歩き方の意識を伝えます。


「股の付け根を起点にして足を振るというよりは、腰より少し上から足が出るイメージで歩く」とのこと。

再度歩幅を測定!


なんだか最初の測定より姿勢が良くなってる方もチラホラ。


結果…

ほとんどの人の歩幅が大きくなりました!

運動と意識でこんなに変わるんですね✨


皆さん、短時間での変化に驚き、満足して教室を終えられました。

終了後は、タナカ先生にインタビュー!


−タナカ先生はダンサーということで、どんな活動をされているんですか?


今日のようなセミナーを、「介護予防士」として指導しています。後は私自身ダンサー、演出、振り付けの指導などを行なっています。


−ダンサーとしての経験や知識が、介護予防士としての仕事に活かされていますか?


はい、意識で身体の使い方は全然変わります。腰の上から足を振って歩く。

このイメージだけでも大きく歩き方が変わりますからね。3年以上前から

この教室をしていますが、元々は『美ウォーキング』という名前だったんです。

美しく歩いて、それを人に見せることで健康的になろうという意味合いです。


−確かに、歩き方を人に見てもらうという機会は、少ないですもんね


そうなんです。ファッションショーなんかを開催するのも面白いですよね。身体を使って、表現をする。これも元気、健康に繋がります。


−「身体で表現」...年齢関係なく、新しい良い刺激になりそうですね!

タナカ先生、これからも、ミソノピアでの教室をよろしくお願いします!


美しい歩き方は健康に繋がる!姿勢を正してイキイキ歩いていきましょう!

閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page