top of page
  • 執筆者の写真misonopia aichi

音楽の捧げもの~ピアノで贈る名曲たち~

2月25日 ミソノピア2階大食堂にて、クラシックピアニストによるコンサートがありました。

「音楽の捧げもの〜ピアノで贈る名曲たち〜」

「音楽の捧げもの」は毎月1回、大食堂で行われるコンサートイベント。

ジャンル問わず様々な、音楽に関わるアーティストが皆様に音楽を提供します。

毎月たくさんのイベントが行われる中でも、大人気の催しのひとつです。


今回のご出演は、クラシックピアニストの安藤千紗都(あんどうちさと)さん

3歳からピアノを始め、愛知ピアノコンクール、ピアノコンチェルトフェスティバルファイナルなど数々の受賞歴があります。

心地よく響くピアノの旋律...


クラシックの響きは会場にいる人を優しく癒します。


気づけば会場のご入居者様は、皆様目を閉じてピアノの音に耳を傾けていらっしゃいました。


本日は、演奏だけではありません。

安藤さんからのピアノクイズ!

演奏している楽曲の曲名を当てた方 先着1名様に、安藤さんのCDをプレゼント。


「すごく有名なお馴染みの曲なので、みなさんにとっては簡単かもしれません。手を挙げて答えてくださいね」と安藤さん。

いざ、クイズスタート。



「・・・」



皆さん、耳を凝らして聴きます。

ピアノに合わせて、歌う方もちらほら出てきました。皆さん、挙手を忘れてますよ!笑


今回のクイズ楽曲は、2曲

・愛燦燦(美空ひばりさん)

・津軽海峡冬景色(石川さゆりさん)

それぞれのクイズを見事正解された方2名様に、CDをプレゼント!お部屋でゆっくり聴いてくださいね。



クイズの後は、終演に向けてテンポアップ。

超絶技巧(並みの演奏家にはとても演奏できない難易度の高い演奏技術)にてピアノアレンジされた「ルパン三世のテーマ」


そして皆さんご存知の「ラ・カンパネラ」

繊細で優しい引き始まりからの、圧巻のラストスパート。

ブログなので、文字でしかお伝えできないのが悔しい、素晴らしい演奏でした。



3歳からピアノを始め、様々なステージでクラシックピアノを演奏していらっしゃる安藤さん。


「ピアノは、私の子どものような存在です」

「私の演奏を通して、クラシックを身近に感じていただけたらと思います」と話されていたのがとても印象的でした。


ただ長く練習しているだけではない、ピアノに対する特別な想いがあるからこそ、豊かな表現が生まれ、人を感動させるんですね。


安藤さん、本日はありがとうございました!

閲覧数:69回1件のコメント

最新記事

すべて表示

1 comentario


kaminn1117
05 mar 2023

山下先生のFBに安藤千紗都さんと先生のツーショットが掲載されていました。先生の鼻の下の長さがマスクの下に隠れていて確認できなかった(^_^;)ザンネン・・・

Me gusta
bottom of page