top of page
  • 執筆者の写真misonopia aichi

笑門来福!弥生落語!


3月11日、2階大食堂にてミソノピアゼミナールが開催されました!


ミソノピアゼミナールは楽しく学ぶ、大人の学び場。今回の先生は、

「社会人落語家」なるみ家笑天さんです!


笑門来福!笑う門には福来たる♪大爆笑の弥生落語を披露されました。

学生時代の落語研究会から落語をされている笑天さん。ミソノピアでの寄席は8年目になります。


大ベテランのチャキチャキの落語は、大爆笑必至、次は何が起こるのかな?とワクワクしてしまいます。


落語と言えば!な「仕草」も披露...🔻



美味しそうな蕎麦が見えますね...!

これは大変盛り上がりました。会場からも「お〜!」という声が。

期待されていることをしっかりと披露される笑天さん。さすがプロですね...!

大爆笑の落語を、2題披露され、あっという間に時間が過ぎていきました...



終了後は、なるみ家笑天さんにインタビューしました!


−落語をされる時はどういうことを大切にされているんですか?


落語は想像をしてもらうことが大切なんです。今何が起こってるのかを仕草などで

想像してもらって、それを楽しむ。


−なるほど!それって脳にも良さそうですね!


そうですね。しっかり話も聞いておかないと、何が起こってるかわからなくなるので集中も必要ですよね。


-面白いですね。では、一言で言って...笑天さんにとって落語とは、何でしょう?


そうですね...「一生続けていきたい活動」ですね。


ずっと続けられている姿が想像できますね!ありがとうございました。



今回のミソノピアゼミナールは、社会人落語家、なるみ家笑天さんの弥生落語でした。

これからも色々な道のプロの方を、ミソノピアにお招きします。

次回のミソノピアゼミナールをお楽しみに!

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page