top of page
  • misonopia aichi

2023年 卯年 “ウサギ”は、おだやかで温厚な性質であることから、「家内安全」

更新日:1月11日



ご入居者様 ご家族様 

2023年 卯年 “ウサギ”は、おだやかで温厚な性質であることから、「家内安全」

また、その跳躍する姿から「飛躍」「向上」を象徴するものとして親しまれてきたとのこと。その他にも「植物の成長」という意味もあり、新しいことに挑戦する最適な年と言われているとのこと。


ミソノピア職員一同

本年の合言葉 『 心に栄養を ためていきましょう 』


“心に栄養”とは、“体の栄養”と同じくらいに大切なものだと考えられます。

意識的に「炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミンやミネラル」などを考えながら摂取するように気をつける方、体の約70%を占める「水」にこだわる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、“心に栄養”に対しては、意識されているでしょうか?


自分からも他者からも“栄養補給”ができますが、補給の仕方で特徴があるのも“心の栄養”とのことです。


他者からの栄養補給ができる人は、栄養が足らなくなれば、自分で自分の心の中に栄養補給しやすい感じがしますが、反対に、自分で自分の心の中に栄養補給ができない人は、他者からの栄養を補給もしづらく、心が栄養不足の状態になりがちのようです。

栄養不足になっているときは、「イライラする状態が長引いたり」「相手を攻撃し続けたり」することで人間関係にも大きな影響を与えることにつながります。

何よりも、本人が不快な感情を持ったまま、毎日過ごさなければなりません。


体によくない食べ物ばかり食べていると、健康に影響を及ぼすように“心に栄養”も同様。

自分にとって心地の悪いものばかり受け取っていると、「心」にストレスや自己否定という栄養ばかりがたまってしまい、自分で自分を認めることができなくなるようです。


まずは、「おはよう」「ありがとう」と言葉にしていく、そして、相手から「おはよう」「ありがとう」と言われること。そのどちらでも栄養はたまっていくものなのでしょう。

私たちスタッフ一人ひとりが、心地よい栄養を心にたくさん取り入れることで、まわりの方々に優しい気持ちで接することができるはずです。


だれとは申し上げませんが・・・ミソノピアの中にも“卯年”のスタッフが何名かいます。

それらのスタッフの“特徴”ではないかもしれませんが(笑) 

一般的には卯年生まれにみられるのは、次のような特徴とのことです

1,物静かで礼儀正しい

2,争いごとを好まず、平和主義

3,世渡りがうまく、年上の人に好まれやすい

4,なんでも器用にこなす

このようなスタッフが活躍する一年でありたいと願います。

自分といえば、“紙芝居”“絵本朗読”“影絵朗読芝居”と挑戦だけはしてきました。

2023年3階テラスパークにて「ウサギ」を招いて“うさぎのダンス”♪挑戦します。

2023年1月10日 廣井 健吉


閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ご入居者様 ご家族様 11月中旬“秋月祭”、はじめての試みで・・・ ホーム内 厨房メンバーが中心となり、外部の屋台2店舗、ホーム内オリジナル屋台1店舗をメインとした久しぶりの食事イベントを実施させていただきました。 「厨房」だからこそ・・・“手前味噌”となるかもしれませんが、今回の食事イベントは、厨房チームが一丸となり、イベント準備から撤収まで、自信をもって自分事として各々の役割を全うしておりまし

bottom of page